機械式駐車場保守点検費用マンション設備管理の適正価格

機械式駐車場のメーカーは国内に10数社ありますが、メーカー系保守会社は一般的に割高な委託料を設定しています。
そのため、独立系保守業者に比べて3~4割程度の価格差が見られることが少なくありません。いわゆる単純昇降式もしくは昇降横行式設備は大幅にコスト削減ができる可能性があります。

見積り例

  • 神奈川県藤沢市
  • 住戸数:30戸
  • 駐車場:21台

管理会社の見積り

年額:324,000円

弊社の見積り

年額:240,000円

見積り例

  • 東京都練馬区
  • 住戸数:288戸
  • 駐車場:98台

管理会社の見積り

年額:1,968,624円

弊社の見積り

年額:1,192,752円

機械式駐車場保守点検費用について

  • 機械式駐車場のメーカーは国内に10数社ありますが、メーカー系保守会社は一般的に割高な委託料を設定しています。
  • そのため、独立系保守業者に比べて3~4割程度の価格差があるケースがあります。いわゆる単純昇降式もしくは昇降横行式の機種は業者変更によって大幅にコスト削減ができる可能性があります。
  • ただし循環式(タワー型を含む)駐車場はその制御が複雑な構造のため、メーカー系保守会社しか取り扱えません。そのため、競争原理が働かず保守点検費用の見直しは事実上不可能な状況です。
  • ■保守点検頻度
    設備形態点検回数
    単純昇降式年4~6回
    昇降横行式年4~6回
    循環型(タワー式を含む)年12回
  • ■保守料金に含まれる内容
    ・現地での点検、動作確認、ヒューズ交換、オイル補充
    ・故障発生等緊急時の駆け付け一次対応(1時間以内)

検討のポイント

立駐設備の仕様

単純昇降式(2・3段式)あるいは昇降横行式の設備であれば、非メーカー系保守業者でも保守点検が可能なため、割高な委託費を適正化できます。
一方、タワー型を含む循環式駐車場の場合は、メーカー系でないと保守点検が難しいのが実情のため、現状維持をお勧めします。

保守点検の頻度

ピット式(2・3段式)あるいは昇降横行式の設備については、年4~6回の頻度で実施します。立駐設備が屋内・屋外のいずれにあるかなどの環境によって判断します。
なお、タワー型等の循環式設備は年12回の点検実施が一般的です。

機械式駐車場保守点検費用の適正価格シミュレーション

機械式駐車場保守点検費用の適正価格はどのくらいなのかをシミュレーションします。
以下の項目をご入力の上、「適正価格を送信」ボタンをクリックしてください。 ご入力のメールアドレス宛に算出結果を自動的に送信します。

パレット台数
設備形態


点検頻度
マンション所在地
-
お名前
メールアドレス
  • お名前を入力してください
  • 正式な見積り提出には現地調査が必要です。
    (地域によっては対応不可の場合があります)