エレベーター更新工事費用マンション設備管理の適正価格

エレベーターの設備更新については、一部の高速機種を除いて独立系保守専業会社に発注することができ、長期修繕計画の予算金額よりも安くできます。
全撤去リニューアル型と制御リニューアル型の大きく2種類がありますが、既設のカゴ等は継続利用できる制御リニューアル型プランが主流です。

エレベーター更新工事費用について

  • 高速機種を除いて独立系保守専業会社に発注することができ、長期修繕計画の予算金額よりも安くできます。
  • 全撤去リニューアル型(既設の機器を全て撤去のうえ新設するプラン)と制御リニューアル型(制御関連機器を中心とする部分更新プラン)の大きく2種類がありますが、既設のカゴ等は継続利用できる制御リニューアル型が主流です。
  • エレベーターの場合、頻繁な法改正によって安全基準が見直されているため、法改正に合わせて安全対策工事も行うかどうかでコストも変わります。

検討のポイント

リニューアルの検討時期

設置後25~30年を目処に更新するのが一般的ですが、メーカーの修理用部品の供給期限が到来したタイミングでリニューアルせざるを得ない場合があります。

リニューアルの範囲

全撤去リニューアル(既設の機器を全て撤去のうえ新設するプラン)と制御リニューアル(制御関連機器を中心とする部分更新プラン)の大きく2種類がありますが、既設のカゴ等を継続利用でき、工事期間が短縮でき、費用も相対的に廉価な制御リニューアルが主流です。

安全対策の追加検討

エレベーター設備については、死亡事故等の発生に伴い随時安全対策を講じるよう法改正がなされています。既存建物に対しては新たな法令が適用されませんが、耐震性や安全性の向上のために扉開走行保護装置、地震時管制運転装置などを追加することも可能です。

高速エレベーターは対象外

制御装置の構造が複雑なため、メーカー系の保守業者に委託せざるを得ないのが現状です。

エレベーター更新工事費用の適正価格シミュレーション

エレベーター更新工事費用の適正価格はどのくらいなのかをシミュレーションします。
以下の項目をご入力の上、「適正価格を送信」ボタンをクリックしてください。 ご入力のメールアドレス宛に算出結果を自動的に送信します。

エレベーター停止階数
階(地下部分を含む)
使用機種
希望プラン

(制御盤と巻上機等に付随する部品交換を実施する工事)


(「標準プラン」+ 安全対策工事)
マンション所在地
-
お名前
メールアドレス
  • お名前を入力してください
  • 正式な見積り提出には現地調査が必要です。
    (地域によっては対応不可の場合があります。
  • カゴ内の意匠工事費は含んでいません。