防犯カメラ更新工事費用マンション設備管理の適正価格

共用部に設置される防犯カメラおよび録画用のハードディスクドライブ(HDD)は概ね5~6年周期で更新します。
契約方法としては、一括買取り、リース契約、レンタル契約の3種類があり、ほとんどの管理会社はリースもしくはレンタル契約を管理組合に勧めてきます。
しかし、一括買取りにするだけで、リース契約等に比べると総額が2~3割安くなります。

見積り例

  • 東京都世田谷区
  • 住戸数:25戸
  • カメラ台数:5台

管理会社の見積り

リース総額:1,664,100円

弊社の見積り

リース総額:1,331,040円

見積り例

  • 神奈川県川崎市
  • 住戸数:90戸
  • カメラ台数:11台

管理会社の見積り

買取総額:1,566,000円

弊社の見積り

買取総額:1,404,000円

防犯カメラ更新工事費用について

  • 共用部に設置される防犯カメラおよび録画用のハードディスクドライブ(HDD)は概ね5~6年周期で更新します。
  • 契約方法としては、一括買取り、リース契約、レンタル契約の3種類があります。 ほとんどの管理会社はリースもしくはレンタル契約を管理組合に勧めてきます。
  • 金額的に有利なのは、一括買取りで、リースに比べると2~3割安くなります。
  • 従来は買い取りプランは、保証期間が短く、保守サービスが付帯されていないという欠点がありましたが、現在は買い取りでもオプションで保守サービスも付帯できます。 また、メーカー保証が3年間付くプランも用意されています。

検討のポイント

契約プランの選択

契約方式については、購入・リース契約・レンタル契約の大きく3種類があります。リースについては動産保険料や金利分がリース料に加算されるため、購入よりも割高です。
余剰金が潤沢な組合でしたら買い取りをお勧めします。

保守サービスの付帯

故障・不具合が発生した際の駆けつけサービス、機器一式の点検、遠隔監視サービス、消耗部品の交換などが含まれ、購入プランの場合でも付帯が可能です。
レンタル契約は、所有権が業者側にあることから故障等の対応はレンタル料に含まれています。

防犯カメラ更新工事費用の適正価格シミュレーション

防犯カメラ更新工事費用の適正価格はどのくらいなのかをシミュレーションします。
以下の項目をご入力の上、「適正価格を送信」ボタンをクリックしてください。 ご入力のメールアドレス宛に算出結果を自動的に送信します。

カメラ設置台数
マンション所在地
-
お名前
メールアドレス
  • お名前を入力してください
  • 地域によっては対応不可の場合があります。
  • 既設カメラの入れ替えの場合を想定しています。
    (新規設置は別途配線工事費用がかかります)
  • カメラの仕様(AHD、赤外線暗視機能付き、画素数2.2メガ 国産)
  • レコーダー(30日間録画可能、5コマ/秒)
  • 保証期間:3年
  • リース契約の場合:6年間のリース料を算定