マンション大規模修繕工事トータルサポート

  1. 当初予算額5,000万円
  2. 品質を落とさずに3割以上のコスト削減3,550万円

大規模修繕工事の"極意"4ヶ条

長期修繕計画を「鵜呑み」にしない

マンションの規模・特性に応じた計画を!

 長期修繕計画における修繕の実施時期は、国交省が定めたガイドラインに過ぎません。
 貴マンションの規模や特性に応じた修繕周期・時期を慎重に検討すべきであり、工事金額も参考程度にとどめましょう。

実施時期と工事範囲の見極め

適切な工期でライフサイクルコストを低減

 マンションの規模や特性、劣化度合いに応じて、最適な修繕時期や周期は異なります。
 事前に建物・設備の劣化状況を調査診断することで不要不急の工事を延期し、ライフサイクルコストを低減することができます。

設計と施工を分離する「設計監理方式」で進める

設計・施工の分離!

 設計と施工が一体化した「責任施工方式」は、工事内容と費用内訳の関係があいまいになりやすく、施工会社のみの判断に偏るため、不必要な工事まで含まれるリスクがあります。
 「設計監理方式」は工事費以外の設計費用等は発生しますが、診断・改修設計と施工が分離しているため、必要な工事を客観的に見極めることができます。

競争原理を導入優良な施工会社を選ぶし

施工会社の選択

 コストパフォーマンスの高い工事を実現するには、正確に積算された資料をもとに、多くの工事業者に見積り参加機会を与え、その中から信用力・実績そしてコスト競争力を兼ね備えた施工業者を選択することが大切です。  

当社トータルサポートとは?

下記のプロセスに沿って当社が責任をもってサポートします。

調査診断

調査診断業務

建築物の現状把握と修繕ポイントの見極めを行います。

設計

設計業務

工事コンセプトに沿った経済的な設計を実現します。

発注

コストマネジメント(CM)業務

品質を下げることなく工事費を合理化します。

施工

工事監理業務

設計意図・品質を監理し、品質を向上させます。

当社CM業務の特徴

品質を下げずに、大幅なコストダウンを実現するため、「ゼネコン活用型分離発注方式」を採用しています。

見積りの元になる積算資料の作成と横並び見積比較

統一された見積り内容で比較が容易になる

 統一された仕様書によって正確な見積もり比較ができるように、積算資料を作成します。
 それにより、各社の見積りを公平に比較することができます。
 また業者による数量の水増しも防ぐことができます。

見積り参加業者の募集と1次スクリーニング

実績データからスクリーニング

大規模修繕工事のための業者は、ゼネコンだけでなく、各専門業者(塗装、防水、足場など)も同時に募集します。
各社の売上・財務に関する実績データをもとに1次スクリーニングを行い、ゼネコン・各専門業者ともに3社以上を選定します。

ゼネコンに専門業者の差替えを提案し再比較

ゼネコンの選定

 見積り内容と実績を勘案しながら、各ゼネコンに対して専門業者の差し替えの検討を依頼した上で、再度、見積り金額を比較します。

組合総会にて施工会社を決定

管理組合に決定権

再見積り後に確定したゼネコン各社の見積書を元に、管理組合にて施工会社を決定していただきます。

当社のマンション大規模修繕工事トータルサポートによる管理組合のメリット

当初予算の3割減を実現!

  • 現時点で修繕すべき箇所に絞り込んだうえで、必要な工事範囲を決定するので、無駄な工事が発生しません。
  • 施工業者の募集から選定までの一連のプロセスが透明化されるため、公正性が担保され、管理組合の合意形成が得やすくなります。
  • 設計と施工の機能分離によって、管理組合の立場に立った工事監理ができるため、手抜き工事のリスクを回避し、品質が担保されます。
  • 当社独自のCM業務によって業者間の競争が一層促され、適正なコストで発注できます。
品質を落とさずに3割以上のコスト削減

<当社の報酬について> 合理化成果額の30%相当額をCM業務にかかる報酬とさせていただきます。
(※合理化成果額=1次選抜ゼネコン見積額-最終見積りの最低金額)

この他に、調査診断費用、設計監理費用が必要です。(別途御見積り)

お問い合わせ・お申し込み

「大規模修繕工事トータルサポート」へのお問い合わせやお申し込みを希望される方は、
以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
マンション名
管理組合での役職
お問い合わせ内容