マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】築19年目で初めて修繕積立金が増額改定されたマンション

昨年から当社が顧問を務めている都内のマンション(76戸)の話です。

 

昨日通常総会が開催され、

築19年目で修繕積立金がはじめて増額改定されることになりました。

 

この管理組合では、以前から将来の資金不足を避けるため、修繕積立金の増額を組合員に提案していましたが、反対者が少なくなかったため実施しづらい状況が続いていました。

 

そのため、今期の理事会ではこうした反対の声を抑えるためにも、昨夏に当社と顧問契約を締結し、管理コスト適正化に注力することになったのです。

 

その後、当社からの提案とアドバイスのもと、管理委託費、マンション保険、電気料金の主要3費目を見直した結果、以下の通り年間300万円強の経済効果を実現することができました。

 

1)  管理委託費(年間 ▲261万円 従前比29%ダウン)

管理会社との減額交渉、一部委託先の変更、管理人勤務時間の縮減による効果

 

2)マンション保険(年間 ▲15万円 従前比18%ダウン)

マンション管理適正化診断サービスの好結果(A判定)にもとづき、従前の契約を中途解約のうえマンションドクター火災保険にて5年契約を締結。

 

3) 電気料金(年間 ▲30万円 従前比15%ダウン

電子ブレーカーの導入と新電力への契約先変更による効果

 

上記に加えて、適正化前から期待できた収支剰余金を含めて年間350万円を修繕積立金に振り替えることができる見通しとなったのです。

 

このマンションの修繕積立金は、現時点では専有面積(㎡)あたり月額@91円。

 

しかしながら、現在の積立金残高をもとに、長期修繕計画上で求められる修繕資金を均等積立方式で賄うには現状比で@223円の増額が必要な状況でした。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容