マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】駐車場の収入に依存するマンション管理組合が多いのはワケがある!

1月30日付の毎日新聞に、「マンション機械式駐車場が「お荷物化」している事情」と題した記事が掲載されていました。

 

本記事の要約は以下の通りです。

 

■ 昭和の時代には、ほぼすべての人が駐車場使用を希望し、なかには2台の駐車スペースを借りたいという人もいた。マンションの駐車場については、設置台数が多ければ多いほど喜ばれ、平成に入ってからは「全戸確保」が理想像であった。


■ ただ、マンションの敷地内で「駐車場設置率100%」を達成するのは容易ではなく、機械式駐車装置を使用することが多かった。この機械式駐車場が多くのマンションで「お荷物」になっている。


■ 機械式駐車場はパレットを動かす電気代や保守点検料など維持費が高いからだ。機械式駐車場の月額使用料を仮に@1万円として、全150戸のマンションで150台分の機械式駐車場がフル稼働している場合、毎月150万円の駐車場使用料が管理組合に入ってくる。


■ この収入がすべて維持費にまわっている場合、駐車場利用者が減れば、影響が大きい。たとえば100台分しか利用されないと、維持費が50万円が不足する。


■ この不足分を管理費から補おうとすると、今度は管理費が足りなくなる。そこで、管理費を値上げしようとすると、「駐車場を使っていない人間からお金を取るのか」と反対する人が出てくる。


■ 空いている駐車スペースを外部に貸し出すというプランも考えられる。だが、セキュリティー上の問題が生じたり、賃貸収入について管理組合に法人税課税されたりするなどの問題があり、簡単にはできない。


■ マンションの機械式駐車場は転用しにくく、使わなくても維持費が発生し続ける。さらに、機械式駐車装置の寿命が尽きたときに、装置全体を交換しなければならない、という大きな問題もある。


■ 利用率が下がったからといって、装置を撤去し、平らな場所に埋め戻すにはお金がかかる。埋め戻す工事の期間や、利用中の車をどこに置くかなどの問題があるため、簡単にことは進まない。


■ 首都圏の新築マンションでは、駐車場設置率30〜50%というケースが増えた。一方、駐車場設置率が高いマンションでは平面式駐車場や自走式駐車場(3階建て以上の駐車場棟で、自ら車を運転して自分のスペースまで行く方式)が主流である。

 

 マンション管理組合の運営を支える「財布」は、2種類あります。

 

それは、「一般会計(管理費会計)」と「修繕積立金会計」です。

 

前者は、毎月納付される管理費や各専用使用料を収入源としながら、管理会社に支払う管理委託費をはじめ、電気料、保険料、小修繕費などの経常的な支出を賄っています。

 

上記の「専用使用料」の中で最も大きな割合を占めるのが、本記事で取り上げている「駐車場使用料」です。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容