マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】「共用部電気料金97%削減」を実現したマンションは「何」が違うのか?

マンション・バリューアップ・アワード2019」というイベントがあるのをご存じですか?

 

マンションへの永住志向が高まる中、適切な維持管理や健全な組合運営を推進していくことを目的に、マンション管理業協会が「住み心地の向上」や「建物の適切な維持・管理」のための事例やアイデアを募集するイベントを開催しています。

 

このイベントの要約は以下の通りです。 

■ 「アワード」のテーマは、以下の5部門に分かれ、今年度は計800近い応募があった。

①マンションライフ部門(住み心地、居住価値向上)

②工事部門(建物資産価値の向上)

③防災部門(防災力の向上)

④財政部門(組合財政の健全化)

⑤高齢者対応部門(居住者の高齢化に伴う先進事例)

 

■ 今年度のグランプリには、「省エネ・創エネで共用部分電気代を97%削減」した京都・西京極大門ハイツ管理組合法人が選ばれた。

 

■ 同マンションは、過去43年間の共用部・動力電気代の推移のデータが残っており、管理費に占める割合が20%を超え負担が大きいことから、低電圧契約、LED照明への切り替え、電力一括受電、太陽光発電の導入などを図り、電気代の負担を約280万円から平成30年は約8万円まで減らし、管理費に占める割合を0.7%に抑えた。

 

■ 同マンションは、2015年に外壁外断熱、真空ガラスの設置工事を実施しており、京都環境賞を受賞している。

 

■  同マンションの理事長は、受賞後「組合理事はみんな素人だが、誰にも迷惑をかけない、誰からも喜ばれる、どこでも取り組めること。電気代の推移のデータはあるはずなのにそのままにしている。見える化を図り、せっかくの宝の山を生かすべき」と、全国の管理組合に呼び掛けた。

 

■ 主催者であるマンション管理業協会の岡本理事長は、「マンションの劣化、居住者の高齢化、さらに自然災害への対応など管理業を取り巻く環境は厳しさを増し、10年後、30年後は想像を絶する事態を招きかねない懸念もある。区分所有法も施行から60年。制度疲労を起こしている。従来のビジネスモデル、フレームを超えたイノベーションを若い人中心に起こす必要がある」と語った。

 

 今年のグランプリに輝いた西京極大門ハイツ(1976年竣工・190戸)ですが、以前からしばしばマス媒体にも取り上げられている、有名なマンションです。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容