マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】マンションのズサンな長期修繕計画にご注意を!

昨日、現在コンサル中のマンション(34戸)の理事会で、管理コスト適正化診断の結果を報告しました。

 

当社の場合、まず管理組合の財政状況について以下の項目を診断します。

(1)管理費会計の収支バランスが適正か?

(2)修繕積立金会計の「簿外債務」がないか?

 

(2)は、マンションの長期修繕計画で見込まれる今後30年間の資金需要に対して

現在の剰余金残高と現在徴収している修繕積立金の横伸ばしの合計で賄えるのかをチェックします。

 

分譲マンションの場合、新築当初の修繕積立金の設定水準がおしなべて低いため、ほとんどの管理組合はこの(2)でひっかかってしまいます。

 

しかしながら、このマンションで管理会社が作成した長期修繕計画をもとにチェックしたところ、下記の通り資金収支面では一見何ら問題がない状況でした。

 

■ 現状の繰越剰余金残高     :約   40百万円

■ 現在の徴収額の横伸ばし(30年):約168百万円

========================

            上記合計:約208百万円

■ 長計上の修繕見込み額(30年計):約162百万円

 

その結果、計画最終年度では約36百万円資金余剰が生じる見通しとなっています。

 

ただ、現状の徴収額は国交省のガイドラインすら下回っているため、不思議に思いさらに細かく調べてみると、2つの「欠陥」が見つかりました。・・・続きはブログで!

 

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容