マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】管理組合も避けられない!相続放棄と所有者不明という厄介なリスク

最近、「老いた家 衰えぬ街」(野澤千絵著  講談社現代新書)を読みました。

 

f:id:youdonknowwhatyoulove:20190403153239p:plain

 
本書では、不動産に関する「所有者不明」と「相続放棄」という2つのリスクに焦点を絞った解説がなされており、大変興味深い内容となっています。
 
著者は、まず所有者不明の不動産が増える原因が何かについて説明しています。
 
その理由として、わが国の民法上、所有者移転等の登記移転手続きが義務ではなく、相続後も未登記のまま放置していても罰則が存在しないことを指摘しています。
 
つまり、不動産の名義変更を行うかどうかは、相続人の判断に委ねられているのです。
 
また、相続発生の際に、遺産分割協議もされないまま多数の相続人による共有状態になっており、自分自身が相続人になっている事実さえ知らないケースも少なくありません。
 
その結果、相続人の数がねずみ算的に膨れ上がり、所有者を特定することがますます困難になる・・というわけです。
 
将来その不動産を売却したいと思っても、過去に遡って戸籍謄本などすべての相続人を探索・確定させ、その全員の合意を取り付けることが条件になるので、せっかくのチャンスを逃してしまいかねないのです。
 
国交省が実施したアンケート調査によると、分譲マンションでも連絡不通者が存在すると回答した比率が13%にのぼり、所有者不明問題が徐々に蔓延し始めているようです。
 
2つ目のテーマは、相続放棄です。
 
現行の民法では、相続人はすべての財産を引き継ぐのが原則とされています。
 
ただ、被相続人の負債や、引き継ぐ不動産にかかわる固定資産税や管理費などの負担を考えた場合、その資産価値に対して割りに合わないと考えて相続放棄するという選択肢も視野に入ってきます。
 
もし、マンション内に相続放棄された住戸が発生したらどうなるのでしょうか?・・・続きはブログで!
弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容