マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】マンション管理会社の「便乗値上げ」と「契約解除」の動きをどう見るか?

ダイヤモンドオンラインに、「マンション管理組合は管理会社の「委託費便乗値上げ」に対抗できるか」という記事が掲載されていました。 

 

本記事の要約は、以下の通りです。

■ 昨秋最低賃金が引き上げられたことに伴い、マンションの管理員や清掃員の人件費も上昇しつつある。

 

■ 最低賃金が引き上げられると、当然彼らの実際の雇用主は経済的に打撃を受ける。その打撃はそのまま元請けの管理会社にも及ぶ。

 

■ 元請け管理会社は自社の利益を守ろうとするので、そのしわ寄せは下請け会社や孫請け会社、ひ孫請け会社のどこかに来る。当然、下位の会社にとっては確実な減収につながるため、いつかは立ち行かなくなる。

 

■ そこで、管理会社は管理組合に対して委託費の値上げを依頼することになるが、ここで問題が生じている。それは「便乗値上げ」と「管理委託契約の解除」だ。

 

■ 実際には「管理委託費全体の2割値上げ」などの「便乗値上げ」の交渉をしてくる管理会社が多い。

 

■そして、値上げを認めてもらえない場合は、契約解除を条件に値上げを迫る管理会社が目立つ。その背景として、利益率の低い管理組合を切り捨てにかかっている管理会社が増えてきたことがある。

 

■ これには、いくつかの要因が考えられる。
(1)管理委託費が格安である(これまでに値下げしている場合)
(2)大規模修繕工事の受注の見込みがなく、利益が見込めない顧客
(3)管理会社のフロント担当者の人手不足
(4)経営トップの目標設定の変化 

    (例:「受託戸数tの増大」→「利益の最大化」)

 

■ この「管理委託費の便乗値上げ」の流れは、「とある大手管理会社」が大きくかじ取りしたことをきっかけに生まれたもので、多くの管理会社が「右へならえ」で同じ行動に出つつある。もはや“値上げと契約解除のバブル”と言える。

 

■ 一方、管理会社からいきなり管理委託契約を解除され、冷静さを欠いた管理組合から、都合のいい条件で新たな管理契約の受託を結ぼうと、虎視眈々と狙っている管理会社も現れている。

 

■ もし管理会社からの「管理委託費の便乗値上げ」に直面したなら、ぜひ以下の点を意識していただきたい。
(1)最低賃金上昇分の人件費の値上げは承諾してもいいが、便乗値上げについては簡単に承諾しない
(2)契約解除という切り札を出されても動揺しない
(3)大規模修繕工事を管理会社に任せない
(4)意識の高い管理組合になるための仕組みづくりを加速させる

 

■ 管理会社を変更することに抵抗や不安を感じてしまう管理組合もあるが、納得のいかない要求をしてくるような管理会社なら、もう付き合うには値しない管理会社だと考えて、冷静に判断していただきたい。

 

まず、管理員や清掃員の人件費が上昇しているのは事実です。

 

ただ、最低賃金の引上げが理由というよりも、単純に「人手不足による需給ひっ迫が原因だと私は見ています。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容