マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】類は友を呼ぶ?悪徳業者を紹介したのは管理会社だったの巻

先日、本ブログで電子ブレーカーで管理組合から搾取し続ける業者の話を紹介しました。 

 

その契約の主な内容を要約すると、以下のようになります。

・・・・

■ 業者は管理組合と10年間のシステム利用契約を締結。

■ 業者が電子ブレーカーの設置工事を行い、組合が電気料金の削減効果を享受する。

■ 当初の5年間は、「システム利用料」として削減額の5割を業者に支払う。

■ 残りの5年間は、「システム利用料」として削減額の2割を業者に支払う。

■ 来春、契約期間が満了する際に、「更新料」25万円(税別)を請求する。

■ もし解約する場合は、電子ブレーカーを撤去。電気料金の削減効果がなくなるうえ、ブレーカーの撤去費用として5万円を請求する。

・・・・

 

このマンションでは、電子ブレーカー設置によって年間15万円の電気料金の削減効果が現在得られています。

 

ただ、上記の通り、当初の5年間は削減額の5割(合計:37.5万円)、後半の5年間は同2割(合計:15万円)を業者に支払う契約になっています。

 

つまり管理組合は、合計52.5万円を業者に支払う義務があるわけです。

 

電子ブレーカーを買い取った場合の費用は30万円程度なので、差引き20万円強も搾取されている計算になります。

 

しかも、まだ交換の必要のないブレーカーを新品に交換するという理由で更新料を取るという提案が今回なされました。

 

これに対して、今後10年間のキャッシュフローを試算した結果、電子ブレーカーを買取った方が有利なことが分かったため、この業者の提案は断って契約を解除することを先月の理事会で決議したのです。

 

ところが・・・

今月の理事会で、管理会社経由でその業者から新たな提案が持ちこまれました。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容