マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】修繕積立金の増額を提案しない管理会社は不誠実のきわみ

先日開催したセミナーの後、ある管理組合の役員さんから個別相談を受けました。

 

ご相談の内容は、

現在、管理会社が長期修繕計画の更新を検討しているが、このままでも資金が足りるのだろうか?」ということでした。

 

<マンションの状況>

■3LDKタイプが中心の築20年超のマンション(全体:約150戸)。

■現在の修繕積立金の徴収額:戸あたり月額7千円。(竣工以来、増額改定なし)

■現在の修繕積立金残高:3億4千万円。

 

 

 もちろん、「全然足らないでしょうね」と即答しました。

 

30年間を1サイクルとみた場合に、分譲マンションの建物本体部分で専有面積1㎡あたり)月額200円(※機械式駐車場が附設されている場合は、さらに加算が必要)は必要とされています。

 

<参考記事>

国交省「修繕積立金ガイドライン」

 

たとえば専有面積75㎡の部屋なら、

30年間で540万円(=200円×75㎡×12月×30年)の積立金が求められるということです。

 

ところが、このマンションは戸あたり月額7千円の徴収のため、30年で252万円(=0.7万円×12月×30年)しか貯まりません。

 

つまり、必要な額の半分にも満たない。

 

一方、現在修繕積立金残高が3.4億円あるのですが、これを1戸あたりに換算すると227万円弱です。

 

したがって、今の貯金をベースに加算したとしても、

227+252=479万円 < 540万円 となり、

戸あたり61万円の資金不足となります。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容