マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】管理委託費の「ゼイ肉」は意外な部分に隠れている!

コンサルティングの依頼を受けた管理組合で、昨日「管理コスト適正化診断」の結果を報告してきました。

 

当社では、管理組合が管理会社と締結している「管理委託契約書」をご提示いただき、それを精査しながら「適正な金額」を査定しています。

 

では、この「適正な金額」とはどのように算定するのか?

 

委託金額 = 「価格」 × 「仕様」 です。

「価格」とは、たとえば清掃でいえば1回の作業当たりの金額のこと。

「仕様」とは、一定期間内での作業頻度(年4回、月1回など)のことです。

 

管理委託費の「ゼイ肉」(=割高な部分)は、「価格」だけでなく、「仕様」にも隠れていることが少なくありません。

 

そのため当社では「価格」と「仕様」の両面から見直したうえで、適正な金額として以下のとおり「2通り」の査定をしています。

【パターン1】現在の管理仕様を継続した場合

【パターン2】物件規模・特性等をふまえた管理仕様に変更した場合

 

たとえば、冒頭の管理組合の場合では、

【パターン1】現契約比で約25%の削減余地あり

【パターン2】現契約比で約39%の削減余地あり

 という結果となりました。

 

つまり、

現在の管理仕様を変更した方がより大きなコスト削減ができるというわけです。

 

このマンションの場合、中規模(約50戸)であるにもかかわらず、管理員の勤務時間がかなり「手厚い」設定になっていて、毎日(週7日)かつつ1日9時間(休憩含む)勤務となっていました。・・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容