マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】電力会社の変更は総会決議が必要なの?

顧問先の管理組合でも、共用部の電力料金を節減するために東京電力から新電力に変更するケースが相次いで発生しています。

 

この際に議論になるのが、こうしたスイッチングの際にも総会決議が必要か?ということです。

 

まず、管理規約の内容を確認してみましょう。

 

共用部の電力供給について契約先を変更するのは、下記の(9)項に該当することになります。

 ・・・・・

(管理組合の業務)

管理組合は、次の各号に掲げる業務を行う。

(1)    管理組合が管理する敷地及び共用部分等(以下本条及び第49条において「組合管理部分」という。)の保安、保全、保守、清掃、消毒及びごみ処理

(2)    組合管理部分の修繕

(3)    長期修繕計画の作成又は変更に関する業務

    ・・・・・<略>・・・・・・・

(9)敷地及び共用部分等の変更及び運営

・・・・・・・

一方、総会決議事項の内容を確認すると、「電力会社の変更」という項目は記載されていません。

 ・・・・・

(総会の議決事項)

次の各号に掲げる事項については、総会の決議を経なければならない。

(1)収支決算及び事業報告

(2)収支予算及び事業計画

(3)管理費等及び使用料の額並びに賦課徴収方法

                ・・・・<略>・・・・・・

(15)その他管理組合の業務に関する重要事項

 ・・・・・・・

強いて本件を当てはめようすると、15項の「その他管理組合業務に関する重要事項」しかありません。

 

一方、本件が理事会決議事項に該当するか、規約で確認してみます。

・・・・・・

(理事会の議決事項)

理事会は、この規約に別に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項を決議する。

(1)収支決算案、事業報告案、収支予算案及び事業計画

(2)規約及び使用細則等の制定、変更又は廃止に関する

(3)長期修繕計画の作成又は変更に関する

(4)その他の総会提出議案

(5)    略

(6)    略

(7)総会から付託された事項

 ・・・・・

以上から、電力会社の変更が総会決議事項の「その他重要事項」に該当するかどうかは不明であるものの、 理事会で決議できる事項が総会に上程する議案、ならびに総会で付託された事項のみだとすると、本件も総会決議事項とみなすのが無難でしょう。・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
【弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容