マンション管理見直し本舗からのお知らせ・情報

マンション管理に関わる情報や本サイトからのお知らせです。

【ブログ】修繕積立金が上がっていくのは、タワマンだけの問題か?

週刊東洋経済(1/28号)で、「持ち家が危ない」と題した特集記事が組まれていますね。

 

全国的にホットなテーマである「空き家問題」以外に、分譲マンションや管理組合の抱える問題についてもトピックスを交えて取り上げていましたので読んでみました。

 

特集記事の中でマンションに関するトピックスは、概ね以下の4つです。

■ タワーマンションにおける修繕積立金の上昇リスク

■ 高経年マンションにおける管理費の滞納や修繕積立金不足の問題

■ リノベマンションの瑕疵リスク

■ 超高層マンションの廃墟化リスク

 

いずれもこれまで度々取り上げられているテーマであり、今回これと言って目新しいコンテンツは見当たりませんでした。

 

ただ、書きぶりとして少々気になる箇所がありました。 

タワマン林立の武蔵小杉 住民の大不安」の章で、

 

・湾岸エリアで分譲中のマンションでは、新築当初の修繕積立金は月額6,300円だが、築6年目以降は約12,000円、築11年目以降は約18,000円に上がる

 

・国交省調べの修繕積立金の平均が月額11,800円だから、通常マンションよりも高くなる

  

と指摘しています。

 

しかし、新築時の修繕積立金の設定が低いのは何もタワマンに限ったことではありません。

 

マンションの規模にかかわらず、全国の新築分譲マンションに共通した事象です。

 

その理由は、・・・続きはブログで!

弊社代表が、豊かなマンションライフを実現するための管理見直し術やマンション管理に関するニュースや情報をわかりやすくご紹介します。
弊社代表の本「マンション管理見直しの極意」発売中!】 管理組合の経営力がマンションの価値を決める! 管理会社が知られたくないホントのところ、教えます。【主な内容】管理組合を取り巻く課題とリスク★管理費はなぜ高い?★本当は足りない修繕積立金 ★管理組合の2大問題 「隠れメタボ」と「簿外債務」★費用項目別見直しのポイント★管理会社リプレースの進め方★大規模修繕工事の乗り切り方★資産価値を上げる!管理見直し術・・など

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

24時間以内に、スタッフからお返事させていただきます。
印は必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容